平成27年度事業実施状況一覧

全国大会等主要事業参加状況

開催日 事業名(場所) 事業の概要
4月16日
~17日
第28回全国経済同友会セミナー
(金沢市)
 島根経済同友会をはじめ、全国44経済同友会の共催による第28回全国経済同友会セミナーが、北陸新幹線開業1月後4月、金沢市の石川県立音楽堂ほかで開催され、全国から過去最多の1,355人が参加しました。島根からは、宮脇代表幹事、妹尾様、宮下様、正木様、貴谷様、足立様、有光事務局長の7人が参加しました。
「戦後70年 地域活性化で日本の再生を」を総合テーマに、初日は、安宅建樹(一社)金沢経済同友会代表幹事(北國銀行頭取)が新幹線開業を加賀藩の盆正月になぞらえ、今後どのように開通効果を活かせるか。など歓迎の挨拶を行った。また、近藤誠一前文化庁長官が「21世紀日本の再生、世界への貢献と地方の役割」と題して基調講演を行い、その後、ANAクラウンプラザホテル金沢、ホテル日航金沢に会場を分散して、分科会が開催されました。
 翌日は、作家の村松友視氏の「金沢の不思議」をテーマとした特別講演がありました。
5月19日 平成27年度第1回中国地域発展推進会議
(岡山市)
 中国5県の行政と経済界のトップ、中経連会長が一堂に会し、中国地域の特色を生かし、地域の発展に取り組むことを目的とする中国地域発展推進会議が、岡山市の岡山国際ホテルにおいて開催され、陶山秀樹代表幹事が出席しました。
はじめに、溝口島根県知事(会長)を議長として、発展推進会議の総会が行われ、平成26年度事業報告、収支決算、平成27年度事業計画・収支予算案等について説明があり、異議なく承認されました。
 引き続き、中国5県の知事、経済団体、中経連会長の計11人によって、次のテーマに随って意見交換が行われました。
①省エネルギー・節電対策等の推進について ②インバウンド観光事業について ③少子化対策に係る広域連携の取組について 
各県知事、陶山代表幹事をはじめ各経済界代表からも、それぞれの地域が有する課題や振興策について、発言が相次ぎ、アピールの採択や活発な意見交換がなされました。
7月17日 第2回西日本経済同友会代表者会議(京都市)  第2回西日本経済同友会代表者会議が京都で開催され、陶山前代表幹事と有光事務局長が出席しました。テーマは「西からの地方創生~ひとが興す地域の未来~」で、各地域の代表幹事からの意見をもとに、①「ひと(交流人口)の拡大・活用に向け、まち(観光)等を活性化しよう」②「ひと(定住人口)の維持・拡大に向け、しごと(雇用)を創出しよう」③「政府は企業・地域の自助努力をサポートする環境整備を」を内容とする共同アピールが採択されました。
9月14日 第4回(公社)分権改革委員会
(東京)
 (公社)経済同友会地方行財政改革推進会議 分権改革委員会 第4回会合が東京の日本工業倶楽部で開催され委員の宮脇代表幹事並びに川上代表幹事、有光事務局長が出席しました。議事はまち・ひと・しごと創生本部事務局次長若井英治氏による政策説明があり、来賓講演として地方創生担当大臣石破 茂氏による「地方創生の深化に向けて」のお話がありました。
10月16日
~17日
第113回西日本経済同友会会員合同懇談会
(奈良市)
 第113回西日本経済同友会会員合同懇談会が奈良市の「なら百年会館」並びにホテル日航奈良において開催され、本県から、宮脇代表幹事・川上代表幹事・中国電力栢野副支社長・浜田港運宮下会長・山陰合同銀行正木部長・松江土建中島係長・有光事務局長が出席しました。西日本全体では、467名の参加がありました。オープニングでは、1300年にわたり続けられてきた、5人の僧侶による朗々とした節回しの祈り「薬師寺声明」が会場に響きわたりました。
 懇談会のテーマは「はじまりの奈良~世界に発信!和のこころ~」とし、基調講演は、奈良県立橿原考古学研究所長菅谷文則氏が「7・8世紀の国際関係と奈良」をテーマに行われ、5人のパネラーによるパネルディスカッションが行われました。
なお、この懇談会に先立って「ホテル日航奈良」で行われた西日本経済同友会代表幹事会において、第3回西日本経済同友会代表者会議を平成28年7月15日に神戸ポートピアホテルで、また、第114回西日本経済同友会会員合同懇談会を平成28年10月28、29日にリーガロイヤルホテル広島で開催することが決定しました。
11月6日 平成27年度第2回中国地域発展推進会議
(鳥取市)
 中国5県の知事と経済界のトップ・中国経済連合会長が一堂に会し、中国地域の特色を生かし、地域の発展に取り組むことを目的とする「中国地域発展推進会議」が、鳥取市のホテルニューオータニ、有隣荘で開催され、委員である宮脇代表幹事・足立事務局世話人が出席しました。
 今次の意見交換のテーマは、①女性の活躍推進についてと②インバウンド観光の推進についてでありました。溝口会長を議長として、テーマごとに、各県知事、経済界代表が意見を述べ、(島根は、宮脇委員が、女性の活躍推進に関する資料を配布し説明を行いました。)活発な意見交換がありました。また、中国経済連合会の山下会長から、国等の関係機関に対し「豊かで活力に溢れた中国地域の創生に向けて」総括要望を行った報告がありました。
11月10日 全国経済同友会代表幹事円卓会議
(福岡市)
 福岡市のホテルオークラで「2015年度全国代表幹事円卓会議」が開催され、宮脇代表幹事、有光事務局長が出席しました。
 第28回経済同友会セミナー(平成27年4月・金沢市)の決算報告や第29回セミナー(平成28年4月14、15日・岡山市)の企画案が報告され、了承されました。
 その後、各地経済同友会の地方創生に関する取り組み状況の説明があり、また、来賓による講演では、(一社)九州観光推進機構会長の石原進氏が、「(一社)九州観光機構による取り組みと課題」をテーマに、九州各県の観光の状況やインバウンドの状況等について説明がありました。
11月26日
~27日
第8回日本海沿岸地域代表幹事サミット
(福岡市)
 第8回日本海沿岸地域代表幹事サミットが福岡市の西鉄グランドホテルで開催されました。福岡経済同友会の複数出席の依頼を受けて、宮脇代表幹事・川上代表幹事・宮下浜田港運会長・田中さんびる社長・有光事務局長の5人が出席しました。この会議の構成は、日本海沿岸の北海道から沖縄まで14道府県です。総参加者は、143人でした。
 今次のサミットは、人口減少に直面する日本において、経済のグローバル化の中で、豊富な労働力・購買力を有し、成長著しいアジア地域との経済交流を考えるものです。
 特別講演は、講談師の神田紅氏が「福岡とアジアの交流の歴史、金印物語とグリーンファーザー」と題し、発見された金印の謎と古くからの中国との交流を解説、また、インドの砂漠地帯の緑化に私財をなげうって取り組んだ福岡、杉山家の説明がありました。
 パネルディスカッションは、パネリストに小川洋福岡県知事、高島宗一郎福岡市長、北橋健治北九州市長、コーディネーターを石原進福岡経済同友会恒久幹事が務めました。テーマは「アジアとともに発展する福岡・九州~東アジアとの近接性を活かした地域の発展戦略~」でした。
それぞれ、アジア地域からの企業・観光の誘致、受け入れ方策など具体的な施策事業について、成果や反省、今後の課題の説明がありました。
 懇親会では、オープニングに3年連続日本一となった福岡市の精華女子高校吹奏楽部の演奏やダンスが披露され、明るく、前向きな生徒の姿に感銘を受けました。


委員会事業実施状況

開催日 事業名(場所) 事業の概要
4月9日 第1回鳥取島根合同委員会
(同友会事務所)
活動方針、事業計画について
5月11日 第1回地域産業活性化委員会
(同友会事務所)
活動方針、事業計画について
5月16日
~24日
国際経済委員会「50周年記念国際経済視察」
(イタリア・ポーランド・アムステルダム・ロンドン)
 島根経済同友会創立50周年記念事業として、松江商工会議所と合同で二つの訪問団(イタリアコース15名・ポーランド・アムステルダムコース5名)を編成し国際経済視察が行われました。経済同友会が中心となるポーランド・アムステルダムコースには、宮脇和秀代表幹事、渡部伸夫副代表幹事、中村寿男国際経済委員長、川上裕治常任幹事(現代表幹事)、足立憲司事務局世話人の5名が参加し、ミラノ万博の視察、相撲を縁としたポーランドと隠岐の島町国際交流、またアムステルダムで松江市長の訪問団と合流し、農業視察を行うなど交流を深めました。
5月28日 総務委員会
 「平成27年度 役員会」
 (松江市 ホテル白鳥)
 宮脇代表幹事、陶山代表幹事、各委員長ほか35名の役員が出席し、平成27年度第1回役員会がホテル白鳥で開催され、平成27年度総会提出議案の審議が行われました。
 平成26年度の事業実施状況、収支決算報告、監査報告、平成27年基本方針、度事業計画、代表幹事の選任、50周年記念事業実施計画などについて各委員長並びに監事、事務局から説明があり、全員異議なく承認されました。
5月29日 総務委員会
 「創立50周年実行委員会ワーキング」
 (同友会事務所)
 50周年記念式典・座談会・祝賀会の最終打ち合わせ
6月6日 「創立50周年記念ゴルフ大会」
(出雲空港カントリークラブ)
 島根経済同友会創立50周年記念ゴルフ大会が6月6日、出雲空港カントリークラブで行われました。来賓の三東崇秀東京経済倶楽部会長、坂口山陰放送代表取締役社長の参加をいただき、6組24名で行われました。
6月10日 鳥取・島根合同委員会「鳥取・山陰海岸ジオパーク視察研修」
(鳥取市・岩美町)
 鳥取・山陰海岸ジオパーク視察研修が6月10日、鳥取市と岩美町で開催され、宮脇代表幹事ほか14名が参加しました。鳥取県吉田副代表幹事・馬場副委員長の案内により、網代港から遊覧船にて山陰海岸ジオパークを視察、岩井窯クラフト館、砂の美術館を見学、そしてホテルニューオータニで鳥取・島根の合同交流会が開催されました。
7月3日 地域産業活性化委員会 27年度事業計画(テーマ・講師・日程)について
7月8日 「代表幹事会・歓送迎会」
(松江市 皆美館)
 宮脇代表幹事、川上代表幹事、陶山前代表幹事、妹尾新副代表幹事、高木副代表幹事、金津副代表幹事、田頭副代表幹事、木佐副代表幹事、宮田副代表幹事、森本副代表幹事、正木総務委員長並びに事務局担当者7名が出席し、平成27年度第2回代表幹事会が、開催されました。
 新メンバーの紹介や広島・島根交流懇談会、石西支部・萩長門交流会などの事業の取り組み方針について協議がありました。その後、代表幹事及び事務局の交代に伴う、歓送迎会がありました。
7月22日 山陰・山陽広域交流委員会
(同友会事務所)
27年度事業(愛媛・広島・島根合同交流会)について
7月24日 「地域産業活性化委員会 相互研修会」
(松江市 サンラポーむらくも)
 地域産業活性化委員会相互研修会が43名の参加により、14:30からサンラポーむらくもで開催されました。
 妹尾地域産業活性化委員長の司会進行により、川上代表幹事が開会挨拶を行い、講演・質疑、意見交換が行われました。講演は、広島大学大学院三浦正幸教授が「松江城天守の真価」~現存唯一の正統天守で東大寺大仏殿にも影響~という演題で講演があり、その後、意見交換が行われました。
8月28日 教育問題委員会
(同友会事務所)
 島根大学との共同事業として、日本海メタンハイドレート資源調査に関する講演会の開催について協議。
9月2日 「石西支部と萩・長門経済同友会の交流会」
(萩市)
 山口県萩市の大谷山荘で、第17回「石西支部と萩・長門経済同友会交流会」が開催され、山口経済同友会萩・長門支部から11名、島根経済同友会から、宮脇代表幹事並びに森本石西支部長ほか19名が参加しました。
 はじめに、萩市内の花燃ゆ大河ドラマ館や萩・長門清掃工場 はなもゆ施設の視察を行い、その後、大谷山荘で交流会が行われました。 山口経済同友会副代表幹事(萩・長門地区代表)黒瀬正氏、島根経済同友会石西支部長森本恭史氏、島根経済同友会代表幹事宮脇和秀氏、山口経済同友会代表幹事藤田剛二氏の挨拶の後、『地方創生について』長門市経済観光部理事木村隼斗氏の講話がありました。その後、観光をテーマに意見交換が行われ、懇親会がありました。
9月24日 山陰・山陽広域交流委員会
「第1回 愛媛・広島・島根合同交流会」
(広島県竹原市 グリーンホテル、賀茂川荘)
 尾道松江自動車道の全線開通に伴い、しまなみ街道を通して四国と結ばれることの効果を生かそうと、広島県の提案で3県の経済同友会が一同に会し、意見交換会や懇親会を行い交流を深めました。島根から19名、愛媛から14名、広島から33名、合計66名の参加がありました。
 見学会では、竹原街並み保存地区を視察し、「観光」をテーマとした意見交換会では島根からパネリストとして宮脇代表幹事が登壇し発表しました。その後、盛大な懇親会が行われました。
10月17日
~18日
石見の国再生委員会
「第2回石見の国特産品総覧会」
(浜田市金城町 ふれあいジム金城)
 第2回石見の国再生委員会特産品総覧会「2015いわみまるごとフェア」が浜田市金城町のふれあいジム金城で開催されました。昨年に引き続き、石見地域の特産品を紹介、宣伝するもので、今年は、8市町の出展があり、37社が参加した商談会には、200名のバイヤーが来場し、292件の商談が行われました。
また、展示即売には、25社が出展し、約3千人の来場者でにぎわいました。
10月22日 総務委員会
「溝口知事を囲む会」
(松江市 エクセルホテル東急)
 島根経済同友会の恒例行事となった「溝口知事を囲む懇談会」が10月22日、松江エクセルホテル東急において70名の参加をいただき開催されました。
 懇談会は、「これからの島根をどうする~産業振興・雇用増に向けて~」を全体テーマとして、講演とパネルディスカッションが行われました。基調講演は、笹川財団高木前理事長が「日本の将来、世界の展望、企業経営の目線」をタイトルに、また、溝口島根県知事から「島根県まち・ひと・しごと創生総合戦略」についての講話がありました。
 パネルディスカッションは、溝口知事、髙木氏のお二人に加え、会員の尾﨑俊也氏、中尾禎仁氏が参加し宮脇代表幹事がコーディネーターを務め、活発な意見交換が行われました。懇談会の閉会の挨拶を妹尾副代表幹事が行いました。
 懇親会では、川上代表幹事の挨拶、溝口島根県知事の乾杯により開宴し、賑やかな懇親となりました。閉会の挨拶は、久保田副代表幹事が行いました。
11月6日 地方行財政改革特別委員会 研修会
(松江市 サンラポーむらくも)
 11月6日、地方行財政改革特別委員会研修会が、松江市のサンラポーむらくもで開催されました。江口博晴地方行財政改革特別委員長の挨拶・進行により、講演と意見交換が行われました。参加者は、25名でした。
 講演は、島根県政策企画局政策企画監太田史朗氏を講師に「島根県まち・ひと・しごと創生総合戦略について」~住みやすく 活力ある しまね の実現を目指して~をテーマに島根版総合戦略についての具体的な解説がありました。
 意見交換のテーマは、「島根県創生総合戦略における地域経済の果たす役割を考える」~人口の減少と高齢化の中で、地域経済の具体的対応策は~とし、江口委員長の司会により、太田講師、三輪日銀松江支店長、出席会員の皆様と活発な意見交換がありました。
11月14日 教育問題委員会・島根大学共催「講演会・意見交換」
(松江市 くにびきメッセ)
 松江市のくにびきメッセで、島根大学と島根経済同友会教育問題委員会が共同で主催し、島根県並びに島根県技術士会の後援をいただき、新技術講演会が開催されました。開会は、島根大学秋重副学長の挨拶で始まり、閉会挨拶を島根経済同友会木佐副代表幹事が行いました
 講演会では、総合テーマを、「山陰沖に眠る次世代のエネルギー資源」とし、講師の明治大学ガスハイドレート研究所特任教授(東京大学名誉教授)松本良氏が「日本海海底の燃える氷メタンハイドレート」と言うテーマで、また、島根大学大学院総合理工学研究科教授三瓶良和氏が「日本海側の石油・天然ガス根源岩―メタンハイドレートとの関係―」をテーマに映像を見ながら具体的な講演と解説のコメントがありました。
 質疑・意見交換は、三瓶教授がコーディネーターを務め、会場の参加者のいろいろな質問に松本教授とともに丁寧な回答がありました。参加者は、128名でした。
11月19日 総務委員会
「第10回東京島根経済クラブと島根経済同友会の交流懇談会」
(松江市 ホテル宍道湖)
 「第10回東京島根経済クラブと島根経済同友会の交流懇談会」が開催されました。東京を代表して副会長の難波明氏が、島根を代表して宮脇代表幹事が開会挨拶を行いました。
 卓話では、前日に、川上代表幹事、久保田副代表幹事(経営者協会会長)と共に、海外視察から帰国した、宮脇代表幹事が「オーストラリア・ニュージーランド訪問雑感」~中国経済連合会経済視察を終えて~をテーマとして、また、東京島根経済クラブ河野副会長が「世界・日本・島根の知的財産」について説明がありました。
 懇親会では、川上代表幹事の挨拶、安井島根県商工労働部長の祝辞、森井東京経済クラブ副会長の乾杯により開宴し、賑やかな懇親となりました。閉会の挨拶は、久保田副代表幹事が行いました。
28年
1月19日
鳥取・島根合同委員会
(松江市 サンラポーむらくも)
 天候が大荒れの中、鳥取県経済同友会(米子支部)から来松され、平成27年度、第42回鳥取県・島根経済同友会合同懇談会のテーマ、開催日程、講師選定等について協議が為されました。(出席者鳥取県7名、島根13名)
1月26日 地域産業活性化委員会
「新春例会・新年賀会」
(松江市 エクセルホテル東急)
 恒例の平成28年新春例会・新年賀会が行われました。新春講演会は、日本銀行松江支店長 三輪信司様(同友会顧問)が「海外・国内における経済環境の変化と山陰での取り組みへの期待」~子世代、孫世代のために~を演題として行われました。また、新春座談会 は、 テーマを「 『教育』と地方創生 」とし、パネリストの 輪信司様、宮脇和秀代表幹事、貴谷麻以会員(松江市議会議員)が、妹尾雅雄副代表幹事のコーディネーターにより、会場の県教育庁、松江市副市長の発言を引き出しながら活発な意見交換となりました
3月30日 総務委員会
「代表幹事・委員長合同会議」
(松江市 サンラポーむらくも)
 宮脇代表幹事・川上代表幹事並びに各委員長の出席により、委員会の見直し・改編について協議がありました。新委員会の名称・新委員長の選任・委員会委員の選任等について、その方向が決定され、4月28日の代表幹事会で決定することになりました。
出席委員長:佐藤・妹尾・今岡・渡部・竹内・福島・江口・宮田・太田・波多野委員長(10名)ご欠席(2名)
3月30日 「第42回鳥取県・島根経済同友会合同懇談会」
(松江市 サンラポーむらくも)
 第42回鳥取県・島根経済同友会合同懇談会が開催されました。来賓には、藤原島根県副知事、松浦松江市長、服部島根大学長をはじめ、7名のご臨席をいただきました。鳥取県経済同友会から、31名、島根経済同友会から43名、島根大学生5名、報道機関3名、パネラーの皆さんを加え合計93名の参加をいただき、盛大に開催することができました。
 メインテーマを「山陰両県の交流人口の拡大と交通インフラ整備」とし、第一部は、現状の共通認識を図るため、4課題について、担当専門部署のプレザンテーションがありました。①「境港貨客船ターミナルの現況と将来像」②「空港の利用状況と取り組み」③「旅行者と交通インフラ」④「高速道路・鉄道の整備計画」についてでありました。発表者は、
境港管理組合事務局長細羽正様、鳥取県地域振興部長岡崎隆司様、島根県交通対策課長伊藤宏様、中四国日本旅行業協会事務局長辻孝和様、島根経済同友会鳥取・島根副委員長福島邦雄、以上のみなさんでした。
 これを受けて、第二部は、同一テーマにかかるパネルディスカッションが行われました。パネリストは、中四国日本旅行業協会事務局長辻孝和様、鳥取県経済同友会代表幹事松村順史様、島根経済同友会代表幹事宮脇和秀、コーディネーターは島根経済同友会竹内直喜委員長でした。
 第一部・二部の感想と閉会の挨拶を鳥取県経済同友会代表幹事米原正明様が行いました。
 懇親会は、川上裕治代表幹事の開会挨拶、藤原副知事様、松浦松江市長様の来賓祝辞、服部学長様の乾杯のご発声で開宴しました。賑やかな交流が進み、閉会の挨拶を鳥取県経済同友会松村代表幹事が行い散開しました。


諸会議等参加状況

開催日 事業名 事業の概要
5月11日 しまねフォーラム専門委員会 事務局長出席 於:松江市
6月8日 東部高速道路利用促進協議会 幹事会 事務局長出席 於:松江市
6月17日 出雲支部総会 川上代表幹事(挨拶)、事務局長出席 於:出雲市
6月25日 石西支部総会 川上代表幹事(挨拶・講演)、事務局長出席 於:益田市
6月26日 宮田石央支部長叙勲祝賀会 宮脇代表幹事、事務局長出席 於:浜田市
6月30日 中海宍道湖大山圏域協議会 事務局長出席 於:松江市
7月6日 中四国セントラルルート地域連携軸推進協議会 幹事会 事務局長出席 於:広島市
7月13日 内閣府との意見交換会 金津副代表幹事出席 於:松江市
8月6日 石央支部総会 川上代表幹事(挨拶)、事務局長出席 於:浜田市
8月11日 境港出雲道路建設促進期成同盟会総会 宮脇代表幹事出席 於:松江市
8月11日 東部高速道路利用促進協議会 川上代表幹事出席 於:松江市
8月26日 松江財務事務所意見交換会 講演会(本省から)・意見交換会 於:松江市
9月2日 石西支部・山口県萩長門経済同友会交流会 宮脇代表幹事(講話)出席 於:萩市
9月19日 ジュンテンドー飯塚氏お別れの会 森本支部長参列 於:益田市
10月10日 浜田市主催シンポジウム 宮脇代表幹事出席 於:浜田市
10月20日 中国地域発展推進会議 幹事会 事務局次長出席 於:広島市
10月23日 しまねソフト研究開発センター(ITOC)開設式典 川上代表幹事出席 於:松江市
10月28日 東部高速道路利用促進協議会 中央要望 於:東京
11月4日 今後の島根の道づくり地域づくり意見交換会 宮脇代表幹事出席 於:松江市
11月12日 島根における有識者との懇談会(広島公取) 髙木副代表幹事出席 於:松江市
11月20日
~21日
島根県経済人全国交流懇談会及びゴルフ大会 宮脇代表幹事・川上代表幹事出席 於:松江市・出雲市
11月25日 日銀本店委員との意見交換会 宮脇代表幹事出席 於:松江市
11月25日 青木一彦後援会発会式 宮脇代表幹事出席 於:松江市
12月3日 (公社)経済同友会ワーキング地方創生現地調査 川上代表幹事出席 於:松江市
説明:島根県庁担当部局・松江市担当部局
12月11日 発展推進会議温暖化部会(スタディエコツアー) 足立温暖化部会委員出席 於:雲南市
12月12日 「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」しまね大交流会・COCキックオフセミナー 川上代表幹事出席 於:松江市
12月22日 石央支部発足40周年記念式典 宮脇代表幹事・川上代表幹事出席 於:浜田市
28年
1月4日
松江市新年賀会 宮脇代表幹事出席(担当=挨拶・万歳三唱)於:松江市
1月14日 広島経済同友会創立60周年記念式 宮脇代表幹事・川上代表幹事出席 於:広島市
1月25日 島根県グローカル人材育成支援事業実施協議会設立総会 宮脇代表幹事出席 於:松江市
1月27日 西日本経済同友会事務局長会議 事務局長出席 於:大阪市
1月28日
~29日
しまねフォーラム・エネルギー問題協議会専門委員会 川上代表幹事出席 於:広島市
2月3日 島根県留学生等交流推進協議会 川上代表幹事出席 於:松江市
2月22日 (公社)分権改革委員会 川上代表幹事出席 於:名古屋市
2月28日 自民党島根県連団体協議会 川上代表幹事、事務局長出席 於:松江市
3月2日 しまねフォーラム・エネルギー問題協議会 講演会・報告会 川上代表幹事、事務局長、事務局次長出席 於:松江市
3月11日 島根県農業法人協会結成20周年記念式典 髙木副代表幹事出席 於:松江市
3月15日 第1回しまねCOC+事業推進協議会 宮脇代表幹事出席 於:松江市
3月23日 中国地域発展推進会議幹事会 事務局長出席 於:岡山市
3月26日 新松江市総合体育館竣工式 宮脇代表幹事出席 於:松江
3月29日 山陰両県高速道路安心安全化促進協議会 川上代表幹事出席 於:松江市


出雲支部事業実施状況

開催日 事業の概要
4月7日

ニュービジネス検討委員会、地域問題委員会、研修委員会、合同正副委員長会議(出雲)

  • 平成27年度各委員会の事業計画について
4月27日

正副支部長各委員長合同会議(出雲)

  • 各委員会正副委員長合同会議の報告について
  • 平成27年度定期総会の開催について
5月12日

ニュービジネス検討委員会、地域問題委員会、研修委員会、委員長合同会議(平田)

  • 平成27年度出雲支部の活動内容について
  • 今後の委員会活動について
5月22日

監査会(出雲)

  • 平成26年度監査
6月17日

研修委員会正副委員長会議(大社)

  • 今年度の委員会活動について
6月17日

定期総会記念講演会(大社)

  • 参加者 28名
    • 平成26年度事業報告並びに収支決算の承認について
    • 平成27年度事業計画(案)並びに収支予算(案)の承認について

記念講演会

  • 講 師  (前)島根県商工労働部長 中村 光男氏
  • 演 題  「 島根における行政と民間」
    ~公務員生活37年を終えた今、思うこと~
7月1日

総務委員会(出雲)

  • 今年度の支部活動について
  • 各委員会の担当事業について
7月13日

ニュービジネス検討委員会(出雲)

  • 今年度の委員会活動について
    (委員会担当の支部講演研修会、納涼会の開催)
7月14日

研修委員会正副委員長会議(出雲)

  • 今年度の委員会活動について
    (委員会担当の視察研修の実施)
7月23日

地域問題委員会正副委員長会議(出雲)

  • 今年度の委員会活動について
    (委員会担当の支部新春講演会、新年賀会の開催内容)
7月24日

研修委員会正副委員長会議(出雲)

  • 支部「視察研修」の実施について
9月11日

講演会並びに納涼会(出雲)

  • 参加者  20名
  • 主 管  ニュービジネス検討委員会
  • 講 師  二瀬副支部長、園委員長
  • テーマ  「アメリカに学ぶ」
    ~アメリカ~経済の今~
10月28日
~29日

視察研修(東京八王子他)

  • 参加者  17名
  • 主 管  研修委員会
  • 視察先  ㈱菊池製作所
    (マッスルスーツの開発等、製品開発に取り組むモノづくり企業に学ぶ)
11月27日

地域問題委員会正副委員長会議(出雲)

  • 支部「新春講演会」、「新年賀会」の実施について
28年
1月12日

総務委員会(出雲)

  • 支部「会員増強」について
  • 今後の支部活動について


石央支部事業実施状況

開催日 事業の概要
8月6日

支部総会(浜田ニューキャッスルホテル)

  • 参加者  44名
    • 平成26年度事業報告並びに収支決算報告について
    • 平成27年度事業計画(案)並びに収支予算(案)承認について

8月例会

  • 講 師  国土交通省中国地方整備局浜田河川国道事務所 所長松本 治男氏
  • 演 題  「つなげよう山陰道!」
9月11日

第37回広島・島根経済同友会 交流懇談会

第1回島根・愛媛・広島経済同友会交流懇談会(竹原市)

参加者 8名

10月10日

10月例会「知事と語ろう、浜田市の未来」座談会(ジョイプラザ)

参加者 17名

10月17日
~18日

第2回石見の国特産品総覧会

  • ○商談会 平成27年10月17日(土) 10:00~16:30
  •  場 所 ふれあいジムかなぎ
  •  出展企業37社、来場バイヤー200名、個別商談57件、商談総数292件
  • ○展示販売会 平成27年10月18日(日) 10:00~15:00
  •  場 所 ふれあいジムかなぎ
  •  出展企業25社、来場者3,000人
10月29日

第1回運営委員会(浜田ニューキャッスルホテル)

12月3日

第2回運営委員会(浜田ニューキャッスルホテル)

12月17日

第3回運営委員会(浜田ニューキャッスルホテル)

12月22日

島根経済同友会石央支部40周年記念事業(浜田ニューキャッスルホテル)

  • 参加者  70名
  • 講 師  島根県中山間地域研究センター 研究統括官 藤山 浩氏
  • 演 題  「田園回帰の時代 石見に人と仕事を取り戻す」


石西支部事業実施状況

開催日 事業の概要
5月19日

第1回石西支部運営委員会

  • 平成27年度予算案について
  • 平成27年度事業計画案ついて
6月25日

平成27年度石西支部定時総会

  • 参加者  26名
    • 平成26年度事業報告並びに収支決算について
    • 平成27年度事業計画(案)並びに収支予算(案)について
  • 講 話
  • 講 師 島根経済同友会 代表幹事 川上 裕治氏
  • 演 題 「弊社の改革・改善に見る地方創生」
8月6日

8月例会

  • 参加者  24名
  • 講 話
  • 講 師 益田市長 山本 浩章氏
  • 演 題 「人が育つまち 益田をめざして」
9月2日

第17回山口経済同友会萩・長門地区との交流会(萩市 大谷山荘)

  • 参加者  30名
  • 視 察  花燃ゆ大河ドラマ館、萩・長門清掃工場「はなもゆ」
  • 講演会
  • 講 師  長門市経済観光部 理事 木村 隼斗氏
  • 演 題  「地方創生について」
10月22日
~23日

東京視察研修

  • 参加者  13名
  • 新橋演舞場にて公演鑑賞
28年
1月22日

経済講演会

  • 参加者  16名
  • 講 師  日本銀行松江支店 支店長 三輪 伸司氏
  • 演 題  「海外・国内における経済環境の変化と山陰での取り組みへの期待~子世代・孫世代のために~」

ページトップ

Copyright 2013 shimanedoyu.jp. All rights reserved.