[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2018年03月07日(水)

地方創生問題検討委員会、観光・地域産業活性化委員会 合同 「JAEA瑞浪超深地層研究所」視察

日 時: 平成30年2月28日

 

 2月28日岐阜県にある「JAEA瑞浪超深地層研究所」の視察に2委員会合同で川上・久保田両代表幹事以下会員・関係者総勢15名で行ってきました。

 昨年、国から原子力発電に伴って発生する「高レベル放射性物質」を地下300m以深に埋設(地層処分)する場合の地域特性を示した「科学的特性マップ」が提示されたことから、原発立地県である当同友会としては、この機会に「地層処分」の概要とその安全性を研究すべく「しまねフォーラム・エネルギー問題協議会」を通じ視察を依頼し実現しました。

 「瑞浪超深地層研究所」では、「高レベル放射性廃棄物」を「地層処分」するに当たっての地下の環境や現象を研究する「地層科学研究」を行なっており、主に花崗岩を対象として、岩盤の強さ、地下水の流れ、水質などを地下500mまで坑道を建設し研究しています。

 今回はヒアリングを受けた後、実際に地下500mの現場を視察し、その研究を体感することができ、有意義な視察となりました。島根県にとっては今後も増え続けるであろう放射性廃棄物の処理は喫緊の課題です。島根経済同友会では引続きエネルギー問題について研究・議論を重ねたいと考えます。

続きを読む...

2018/03/07 15:34 | 未分類 | コメント(0)

2018年03月07日(水)

島根・鳥取合同委員会 東浜駅・岩美町視察・ヒアリング

日 時: 平成30年2月19日・20日

 

 2月19日・20日の両日、山陰地域における観光産業の現況把握ならびに基幹高速交通の整備が、当地の観光産業分野においてどのような影響・効果をもたらすか等について考察するため、島根・鳥取両県の経済同友会合同による東浜駅・岩美町視察を実施しました。

島根側からは川上・久保田の両代表幹事をはじめ8名、鳥取側は東部地区から米原代表幹事以下12名、西部地区からは細田副代表幹事以下3名、合計23名の参加がありました。

 JR西日本が運行する「トワイライトエクスプレス瑞風」の停車駅である東浜駅に集合。岩美町の長戸副町長の案内で「瑞風」乗客の立ち寄り先であるレストラン「アル・マーレ」に移動、同店の寺谷マネージャーからヒアリングを行なった後、美味しいイタリア料理を堪能しました。

 その後、岩美町役場に場所を移し、JR西日本の木内課長より「瑞風」の影響、山陰新幹線の整備状況、新幹線誘致のメリット・デメリットなどのヒアリングを行い、続いて長戸副町長から町の取り組み、その効果・影響についてのヒアリングを行ないました。

 ヒアリング終了後、長門副町長随行で、岩美町内の次の施設を視察しました。

  • 道の駅「きなんせいわみ」
  • 「クラフト館 岩井窯」
  • 「山陰海岸ジオパーク 海と大地の自然館」

 今回の視察・ヒアリングによって「瑞風」停車の誘致からその後の対応、その効果と影響、今後の取り組みなど非常に参考となる有意義な視察となりました。

続きを読む...

2018/03/07 15:14 | 未分類 | コメント(0)

2018年02月06日(火)

新春例会・新年賀会

日 時: 平成30年1月24日

 

 平成30年「新春例会・新年賀会」を1月24日、松江エクセル東急において、84名の参加者を得て開催しました。

《新春例会》

 妹尾副代表幹事の開会の言葉から、川上代表幹事の年頭の挨拶に始まり、講演会に移りました。

  講師 日本銀行松江支店長 大山慎介氏

  演題 「経験主義的に子供の教育を考えてみる」

 続いて「観光による地域の活性化」をテーマに座談会が行なわれました。

  出席者  島 根 県     商工労働部長  安井 克久氏

       山陰インバウンド機構  代表理事    福井 善朗氏

       日 本 銀 行   松江支店長   大山 慎介氏

       島根経済同友会   代表幹事    久保田 一朗

  進 行  島根経済同友会   副代表幹事   妹尾 雅雄

《新年賀会》

 来賓に島根大学・服部学長、松江市・能海副市長、島根産業振興財団・藤間副理事長、さらに新春例会にてご登壇いただいた安井部長、福井代表理事を迎え、久保田代表幹事の開会の挨拶で始まりました。

 来賓紹介・安井部長の来賓挨拶の後、総会以降に入会された平成29年度の本部新入会員の紹介がありました。

 尾﨑副代表幹事の乾杯により開宴し、賑やかに交流が進みました。閉会の挨拶を松尾副代表幹事が行い盛会のうちに閉会しました。

続きを読む...

2018/02/06 11:07 | 未分類 | コメント(0)

2017年12月14日(木)

教育・人材育成委員会 研修・意見交換会

日 時: 平成29年12月7日

 

 教育・人材育成委員会 研修・意見交換会がパネルディスカッション形式で12月7日にサンラポーむらくもで開催されました。今回は同友会会員ばかりではなく、会員企業の人事担当者・島根県庁・島根大学・島根県立大学の関係者の方々にも出席いただき、合計70名の参加となりました。

 テーマは「大学の地元就職率向上を考える」でパネリストに藤原孝行氏(島根県副知事)、荒瀬榮氏(島根大学副学長)、清原正義氏(島根県立大学学長)を迎え、当会からは川上裕治代表幹事も加わりました。コーディネーターは谷口博則委員長(教育・人材育成委員会)が務めました。各パネリストがそれぞれの立場で取組んでいること、あるいは問題点を発表し、その後会場との意見交換会が行われました。会場からの発言は活発で、想定時間では足りない状況でした。なかでも島根県立大学の女子学生からの本音の意見は産・学・官の参加者にとって参考になるものでした。所要で遅れて途中参加された島根大学の服部学長からも地元就職率向上を重点テーマとして今後も取組むとの発言がありました。

 最後に、谷口委員長から引続き産学官連携してこの問題に取組むことを提起して閉会となりました。

続きを読む...

2017/12/14 16:09 | 未分類 | コメント(0)

2017年12月14日(木)

2017年度 全国同友会代表幹事円卓会議

日 時: 平成29年12月4日

 

 2017年度 全国同友会代表幹事円卓会議が熊本市で開催されました。島根からは川上・久保田両代表幹事と富田事務局長が参加しました。会議に先立ち行なわれた熊本城の復興状況視察には、間に合う便がなく残念ながら参加できませんでした。やはり山陰地区の新幹線の必要性を痛感します。会議は熊本キャッスルホテルにて107名の出席で行なわれました。開会は小林代表幹事と熊本経済同友会の甲斐代表幹事の挨拶により始まり、議事は全国同友会セミナーの収支報告、今後の日程などが話し合われました。報告事項は、各地7経済同友会による地方創生の取り組みについて発表がありました。続いて熊本県立大学の五百旗頭真理事長から「熊本の創造的復興と巨大地震への備え」と題した来賓講演がありました。

 懇親パーティーには熊本県知事と一緒に人気キャラクター「くまもん」も登場し楽しい懇親会となりました。

続きを読む...

2017/12/14 16:07 | 未分類 | コメント(0)

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]