[先頭]  <<    1   [2]   3   4   5   >>   [最後]
2019年10月30日(水)

富山大学・福井大学視察および福井経済同友会との意見交換会

日 時: 令和元年9月25日(水)~27日(金)

 

 教育問題委員会(委員長:谷口博則)では、島根大学と同規模で類似課題が多い北陸の二つの国立大学の取り組みを学び、また大学との連携を強めている福井県の経済同友会との意見交換を行うため、富山大学ならびに福井大学へ視察を行なった。

 経済同友会メンバー及び島根大学、島根県から11名の参加者を得て、日程はハードであったが和気あいあいと有意義な視察であった。富山、福井の2大学は、ともに医学部を持つ国立大学であり規模も似通っている。COC+事業、地方大学地域産業創生交付金事業、地元就職率向上、地元経済界との連携など共通の課題も多い。ただ、両県には地方とはいえ比較的大きな企業の集積があり、企業と大学との結びつきも深い。学生の就職率は全国トップクラスであるが、高い目標を掲げて取り組んでいる地元就職率についてはいずれも苦戦している。

 福井経済同友会との意見交換会では福井大学からも学長他が参加され、我々の2倍以上の会員が両側から挟み込む形で交流した。メンバーは比較的若くアグレッシブで、様々な取組について活発な意見交換が行われた。

教育問題委員長 谷口 博則

 

<視察先>(視察内容の詳細は会報に掲載します)

  1. 富山大学
    1. ア.ヘルン文庫見学

       小泉八雲の蔵書を揃えた「ヘルン文庫」を付属図書館内に常設、英語・仏語の洋書・著作物をはじめ2,400冊超が大切に収蔵し活用されている。

    2. イ.富山大学での取り組み状況・意見交換
      1. ① COC+事業の取り組み状況
      2. ② 大学交付金事業

        「くすりのシリコンバレーTOYAMA」を掲げ、昨年度地方大学・地域産業創生交付金事業に採択された。

  2. 日華化学株式会社視察
    • 福井経済同友会代表幹事である江守康昌氏が社長を務める同社を企業訪問した。
    • 同社は、繊維加工用の染色・漂白等に用いる各種薬剤(界面活性剤など)や紙のリサイクルに用いる脱墨剤をはじめ、化粧品などを手掛ける化学品メーカー(売上約500億円)
  3. 福井大学での取り組み状況意見交換
      ① COC+事業の取り組み状況
    1. ② その他の産学官連携の取り組み

      福井経済同友会が事務局となり、福井大学産学官連携本部協力会を設置、県内企業約230社が加盟、年会費5万円で、事務局の活動費を除いて年間約1,000万円を寄付していただく仕組みを構築している。

参加者

島根経済同友会:川上裕治(代表幹事)、宮脇和秀(終身特別幹事)、谷口博則(常任幹事・教育問題委員長)、中尾禎仁(教育問題委員)、貴谷麻以(教育問題委員)、河原八郎(常任幹事・島根広島交流委員長)、小幡美香(島根広島交流委員)、山田浩之(松江土建)

島根大学:服部泰直(島根大学学長)、吉木茂(島根大学企画部長)

島根県 :長井達弥(島根県産業振興課グループリーダー)

続きを読む...

2019/10/30 09:45 | 未分類 | コメント(0)

2019年10月30日(水)

観光インバウンド静岡視察

日 時: 令和元年9月24日~25日

 

 観光振興委員会は本年度の活動方針に沿い、FDA航路が開通し交流の深まった静岡県を視察し、合わせて静岡経済同友会の皆様と意見交換をしました。

 川上代表幹事、足達委員長を始め、13名の参加がありました。行きが富士山静岡空港着、帰りが小牧空港発のFDA機に搭乗しましたが、1泊では視察時間が多く取ることができず、当初予定した天浜鉄道・天竜二俣駅(三江線利活用参考)は残念ながら視察できませんでした。

 

9月24日(火)

16:00  蓬莱橋(島田市) 解説:島田市観光協会土屋事務局長
平成9年12月に「世界一長い木造歩道橋」としてギネス認定を受けています。
全長897.4m(厄無し)、長い木の橋(長生きの橋)といった語呂あわせで厄払いや長寿のご利益スポットとして観光客を集めています。
静岡県への外国人観光客が増加する中、インバウンド誘客対策として、パンフレットの多言語化、国土交通省の協力による駐車場の整備を行っているそうですが、蓬莱橋を訪れる外国人観光客は、全体の5%に満たないようです。
18:00  ホテルガーデンスクエア静岡(静岡市)
静岡県内では、先進的にインバウンド観光客誘客に力をいれておられるホテルです。
今回は、ご都合によりお話しは聞けませんでしたが、館内の案内板等のインバウンド対策を視察しました。
18:30  静岡経済同友会と懇親会(会場:夢庵)
今田、平尾、山﨑の3副代表幹事を始め12名の皆様と交流を深めました。

9月25日(水)

9:00   富士山世界遺産センター(富士宮市)解説:静岡県世界遺産センター小野課長
世界遺産を「保護し、保存し、整備し及び将来の世代へ伝えることを確保する」拠点施設で、その形状は、富士ヒノキを組み上げた壁面をもち、逆円錐形の建物が池に映ると富士山となる造りとなっています。美しい映像主体で、解説文も5ヶ国語(日本語、英語、中国語・2種、韓国語)からなり、また、スマホ用の4ヶ国語の無料音声ガイダンスコンテンツも配備され、外国人でも分りやすい工夫がされていました。
世界遺産となった富士山もあり、静岡県の外国人宿泊者が増加する中、インバウンド対策もしっかりとられており、外国人観光客も増加しているようです。
10:00 富士山本宮浅間大社(富士宮市)解説:富士宮観光ボランティア
徳川家康寄進で、富士山を神体山として祀り、奥の宮は富士山頂。本殿は二重の楼閣造で棟高45尺、浅間造りで他に例がないそうです。全国に約1,300社ある浅間神社の総本社で世界遺産の一部にもなっています。
世界遺産センターの影響もあり、浅間大社を含む富士宮市周辺の外国人観光客は、かなり増加しているようです。

参加者

  1. 代表幹事 川上裕治
  2. 常任幹事 足達明彦(委員長)、森山輝也、大内章智、山本陽一郎、二瀬武博
  3. 会員   木幡均、新田能久、小幡美香、内田晃市、岩田久利
  4. 事務局  富田芳光、松下敦史

続きを読む...

2019/10/30 09:36 | 未分類 | コメント(0)

2019年10月17日(木)

文化・隠岐交流会

日 時: 令和元年9月18日(水)

 

 文化・スポーツ・親睦委員会では、昨年度新たに12名の入会を得た隠岐の島町を訪問し、文化に触れ、隠岐の新会員の皆様と交流しました。

 本部より久保田代表幹事、川上代表幹事をはじめとする総勢11名の参加がありました。

 隠岐の島町では、伝統文化である牛突きや隠岐国分寺、玉若酢神社などの多くの文化遺産に触れました。視察に当たりましては、前川商会前川社長にレンタカー2台をご提供いただいた上に、自ら案内・運転していただきました。心から感謝申し上げます。

 また、隠岐酒造毛利社長のご好意で、酒蔵を見学、試飲会では銘酒 隠岐誉を振舞っていただき、舌鼓を打ちました。

 さらには、隠岐自然館では、野津事務局長より日本海や隠岐の成り立ちから日本海での干満の差の小ささや豊富な地下水、そして隠岐独自の生態系の所以など分かりやすく丁寧にご説明いただいたことで、新たな知見を得ることができ、隠岐世界ジオパークというものを再認識いたしました。

 懇親会では、池田町長、高宮支庁長にもご臨席いただき、隠岐地区の会員の皆様との交流、親睦を深めることができました。

 今回の交流会は、隠岐の魅力を十二分に体感した大変有意義なものとなり、参加者からも好評を得るところとなりました。

 

 なお、この交流会の開催にあたっては、山陰合同銀行西郷支店上野支店長をはじめ、隠岐地区の会員の皆様には多大なご協力を賜りました。厚く御礼を申し上げます。

 

(報告者)

文化・スポーツ親睦委員会 

増田 健

続きを読む...

2019/10/17 15:46 | 未分類 | コメント(0)

2019年10月09日(水)

島根・愛媛・広島経済同友会交流懇談会(9月13日)

日 時: 令和元年9月13日

 

令和元年9月13日(金)、島根・愛媛・広島経済同友会交流懇談会が広島市で開催され、当会から久保田・川上両代表幹事・河原委員長をはじめ22名(本部15名、石央支部7名)、愛媛側から17名、広島側から46名が出席した。(3県合同での開催は2年ぶり4回目)

 

視察会(株式会社ヒロテック)

視察会では、国内外の主要自動車部品と各種金型・治具及び組立ラインの設計・製作、また、自動車排気系部品の開発・製作などを担う(株)ヒロテックを視察。
ヒロテックは、設備・金型生産工場と部品生産工場の両方を備えた日本でも数少ない工場である。
工場見学の前に、ヒロテック門田氏より、(株)マツダとの共創活動について説明があり、今後の展望などについてお話を聞いた。

続きを読む...

2019/10/09 11:55 | 未分類 | コメント(0)

2019年10月03日(木)

全国経済同友会 事務局長会議

日 時: 令和元年9月12日
場 所: 鹿児島 城山ホテル鹿児島

 

 2019年度の全国経済同友会事務局長会議が鹿児島市で開催されました。

 鹿児島経済同友会の水流事務局長の開会宣言のあと同会津曲代表幹事の開会挨拶で始まりました。

〇議事

今後の全国セミナーの日程が話し合われ次のように決まりました。

第33回(2020年) 土佐経済同友会 4月15日~17日 高知県民文化ホール
第34回(2021年) 熊本経済同友会 4月8日~9日 熊本市熊本城ホール
第35回(2022年) 神戸経済同友会 未定 兵庫県
第36回(2023年) 長崎経済同友会 4月 長崎市出島メッセ長崎
第37回(2024年) 福井経済同友会 未定 福井県
第38回(2025年) 広島経済同友会 未定 広島県
(36回長崎と38回広島は代表幹事円卓会議未決済)

〇報告

  1. ①木材利用推進全国会議(仮称)設立の趣旨説明
    会員の皆様へのご案内は会報に同封させてもらいました。
  2. ②内閣府官民人材交流センターからの告知協力のお願い
    事業主の皆さんが、公務を通じて培ってきた知識・経験の豊富な人材(国家公務員の中堅・シニア層)を対象に求人いただけるサービスです。
    (お問い合わせ先 内閣府官民人材交流センター 直通03-6268-7675)
  3. ③同友会運営に関するアンケート協力のお願い
    事務局において記入・提出いたしました。

〇講演会

演題「幕末維新の薩摩」

講師 ㈱島津興業 代表取締役社長 島津忠裕様(島津家33代)

事務局長 富田 芳光

続きを読む...

2019/10/03 13:00 | 未分類 | コメント(0)

[先頭]  <<    1   [2]   3   4   5   >>   [最後]