2023年11月22日(水)

島根・広島経済同友会交流懇談会

令和5年10月24日 広島市

2019年以来となる島根・広島経済同友会交流懇談会が広島市で開催され、当会から矢口副代表幹事、渡部委員長、福濱副委員長をはじめ22名(本部14名、石央支部8名)、広島側から28名が出席し、交流を深めました。

お好み焼き体験(OKOSTA)

昨年開業、本年5月のG7広島サミットで、英国スナク首相が訪問された有名店。広島経済同友会の会員所属事業所であるオタフクソースが「お好み焼きを世界へ広める」活動目的で経営されています。我々も、お好み焼士の指導を受け、広島焼きを体験・飲食しました。

視察会(マツダミュージアム、縮景園)

昨年リニューアルした話題のマツダミュージアムを視察。副館長の下野氏から、創業から今日までの社歴、エンジンや人馬一体の技術開発、デザイン開発等について説明いただいた後、工場の生産ラインを見学しました。車好き、マツダ車オーナーにとっては最高の視察となりました。
続いて、市内中心部に位置する名勝縮景園を現地ガイド付きで散策。こちらは、広島浅野藩初代藩主が築成した大名庭園で、1940年に広島県に寄贈、原爆投下による壊滅的な状況から復旧され現在に至る名園。ガイドの説明が大変分かり易かったと評判でした。インバウンド観光客と思しき外国人を多く目にしました。

懇親会(ゾーナ イタリア イン・チェントロ)

広島の武田代表幹事と当会の矢口副代表幹事による開会挨拶、続いて広島の小田代表幹事の乾杯で懇親会が始まりました。イタリア料理とワインを堪能し、当会の渡部委員長と広島の香川交流部会長による閉会挨拶で、盛会のうちに終了しました。来年は島根の引き受け当番となります。

2023/11/22 10:49 | 未分類 | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください