2024年05月02日(木)

第36回 全国経済同友会セミナー 福井大会

令和6年4月18日(木)から2日間にわたり、北陸新幹線の福井・敦賀開業で沸く福井市で、総勢1200名の参加のもと開催されました。島根からは、松尾代表幹事、野津代表幹事、宮脇終身特別幹事、久保田特別幹事、河原常任幹事、石𥔎常任幹事、宮下常任幹事、随行者、事務局の10名が出席しました。「どうする!人口減少NIPPON~“幸福度日本一“の地で考える~」を総合テーマに、3つのセッションで、熱心なパネル討議が行われました。なお、討議に先立ち、(一社)金沢経済同友会 砂塚代表幹事より能登半島地震の被災地報告がありました。なお、プログラムの概要は次の通りです。

1.パネル討論

(1)第1セッション
「人口減少社会の将来展望と課題」
~人口減少社会における現状認識と課題について専門家との討議~
(2)第2セッション
「人口減少時代の企業経営を考える」
~エンゲージメントの観点から~
(3)第3セッション
「今、あらためて地域創生を考える」

2.特別講演

演題
「貪から貧へ」
~生き方の転換~
講師
西田 正法  曹洞宗 大本山永平寺 副監院

3.オープニングアトラクション

懇談会
福井県立福井商業高等学校チアリーダー部「JETS」
懇親会
(一社)チアドリームプロジェクト

所感

1週間後の4月24日に、人口戦略会議が全国744自治体の「消滅可能性」都市を公表しました。第1セッションで問題を提起された増田寛也氏は、同会議の副議長であり、まさにタイムリーな討議でした。

2024/05/02 14:20 | 未分類 | コメント(0)